FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最決平24.6.5 児ポの合憲性

最決平24.6.5 児ポの合憲性
平成
23()1567 児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反事件 平成240605日 第三小法廷 決定  棄却 

 

名古屋高等裁判所 平成230803

 

判示事項

児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律7条4項前段の規定は,児童の権利(性的自由)を侵害するから憲法13条,24条に違反するとの主張が,欠前提処理された事例

参照法条

憲法13条,憲法24条,児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律7条4項前段

 

主 文

  本件上告を棄却する。

 

理 由

 弁護人加藤寛崇の上告趣意のうち,原判決が児童の権利を侵害しているなどとして憲法13条,24条違反をいう点[児童にも,自己の裸写真に関する性的自由があり,憲法で保障されている]は,児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律が,児童に対する性的搾取及び性的虐待が児童の権利を著しく侵害することの重大性に鑑み,児童ポルノに係る行為等を処罰すること等により,児童の権利を擁護することを目的とするものであるから,前提を欠き,札幌高裁判決を引用して判例違反をいう点は,事案を異にする判例を引用するものであって,本件に適切でなく,大阪高裁判決を引用して判例違反をいう点は,原判決は所論のような趣旨を判示したものとはいえないから,前提を欠き,その余は,憲法31条,41条違反をいう点を含め,実質は単なる法令違反,事実誤認の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。

 よって,同法414条,386条1項3号により,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定する。

(裁判長裁判官 大谷剛彦 裁判官 田原睦夫 裁判官 岡部喜代子 裁判官 寺田逸郎 裁判官 大橋正春)

スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。