最決平24.10.17

最決平24.10.17

平成24()506 観護措置更新決定に対する異議申立て棄却決定に対する特別抗告 平成241017日 第一小法廷 決定 棄却

 

福井家庭裁判所 平成240928

 

判示事項

 観護措置更新決定についての異議申立て棄却決定に対する特別抗告が利益が失われるものとして不適法とされた事例

参照法条

 少年法17条,少年法17条の2第4項,少年法17条の3,少年法33条1項

 

主 文

  本件抗告を棄却する。

 

理 由

 記録によれば,本件観護措置更新決定による収容期間は,平成24年10月3日に満了しており,上記決定の効力は既に失われたものであることが明らかであるから,本件特別抗告の申立ては,もはやその利益を失ったものとして,不適法というべきである。

 よって,少年法17条の3第2項,17条の2第4項,33条1項により,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定する。

(裁判長裁判官 櫻井龍子 裁判官 金築誠志 裁判官 横田尤孝 裁判官白木 勇 裁判官 山浦善樹)

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment